上海罕诚新材料有限公司

  HAN  CHENG  CO.LTD.

han@casno.jp

メール
ニュースの詳細/ NEWS
三菱化学、従業員の1割に在宅勤務長期化を許可
ソース:HAN CHENG CO.,LTD. | 著者:HAN CHENG CO.,LTD | リリース時間 :2022-05-21 | 10 查看次数: | 分享到:
三菱化学ホールディングス(HD)は、本社やその周辺で働くオフィス従業員を中心に、従業員全体の1割に当たる4200人を対象に、従業員の出社を必要としない無期限の「完全遠隔勤務製度」の運用を開始した

三菱化学、従業員の1割に在宅勤務長期化を許可

三菱化学ホールディングス(HD)は、本社やその周辺で働くオフィス従業員を中心に、従業員全体の1割に当たる4200人を対象に、従業員の出社を必要としない無期限の「完全遠隔勤務製度」の運用を開始した。

適用対象は本社とその週辺で働き、主に行政、販売、システム開発などに従事する従業員ですが、安全運転のために24時間3交代製度を採用している工場などには適用されません。リモートオフィスは義務ではなく、従業員が希望すれば簡単に仕事ができるオプションを追加します。

三菱化学は「週に少なくとも1回出勤する」と明記したことがある。新型コロナウイルスが拡大した2020年春、特例として従業員の完全遠隔勤務を許可した。完全リモートオフィス製度を採用している東京にある拠点では、現在7割程度の従業員が在宅勤務またはサテライトオフィスでリモートオフィスを行っています。リモートオフィスの普及により、この拠点は今年4月からこの製度を永久的に採用するように変更された。

日産化学:硝酸出荷停止!電子部品の生産に影響を与える恐れがある

日本化学大手の日産化学(Nissan Chemical)は硝酸製造設備の一部に問題が発生し、生産を停止し、受注、出荷を停止した。出荷停止が長引くと、自動車部品や電子部品などの生産に影響を与える恐れがある。

日産化学は11日、傘下の富山工場内の硝酸製造設備で一部問題が発生し、現在硝酸生産を一時停止していると発表した。日産化学によると、これらの設備問題は4月25日に発生し、部品メーカーに修理を依頼したが、生産再開の時期は未定だという。日産化学によると、硝酸設備に問題があるため、4月26日から受注を停止し、5月10日から硝酸出荷を停止した。業績への影響は現在調査中だ。

硝酸は自動車部品のめっき加工などの用途に使用される基礎化学品であり、強酸性を備え、金属を溶解できるため、工業用途では、各種部品の表麺処理工事に使用され、高純度製品は半導体洗浄工事に使用され、日産化学は日本国内の硝酸工場であり、その硝酸製品は主に自動車/鉄鋼材料、電子部品洗浄などの用途に使用されているため、供給停止の時間が長くなると、自動車、電子部品など幅広い産業の生産に影響を与える恐れがある。

自動車部品メーカーなどのお客様は、日本の他の硝酸メーカーに供給を求めるように急いでいます。日産化学のほか、日本の硝酸メーカーにはUBE、旭化成、住友化学などがある。


  • お名前
  • 電話
  • Eメール*
  • メッセージを入力してください
送信