上海罕诚新材料有限公司

  HAN  CHENG  CO.LTD.

han@casno.jp

メール
ニュースの詳細/ NEWS
触媒のもの語り:神杯
ソース:HAN CHENG CO.,LTD. | 著者:HAN CHENG CO.,LTD | リリース時間 :2022-01-12 | 12 查看次数: | 分享到:
触媒はスウェーデンの化学者ベツェリウスによって初めて発見された。100年以上前、手品「神杯」の話がある。
ベツェリウス
ベツェリウス
スウェーデンの化学者ベツェリウスが化学実験室で忙しく実験をしていたある日の夕方、妻のマリアが誕生日の祝いに酒肴を用意してくれた。実験に夢中になっていたペツェリウスはすっかり忘れていたが、マリアが実験室から彼を引っ張り出すと、ようやく気づいて急いで家に戻った。部屋に入ると、客たちが祝杯をあげたので、手も洗わずに桃酒を飲み干した。二杯目のグラスを自分で満たして乾杯したところで、「マリア、酢を私に飲ませるな!」と顔をしかめた。マリアも客も呆然とした。マリアはその瓶を覗き込み、グラスに注いで味わった。確かに美味しいピーチだった。ペツェリウスが勝手に注いだグラスを差し出すと、マリアはそれを一口飲んでほとんど吐き出し、「甘酒が急に酢酸に変わるなんて」と言った。客たちは、近寄って、この「神盃」のへんなことを観察していた。
ペツェリウスは、杯の中に少量の黒い粉が入っていたことに気づいた。自分の手を見ると、実験室でプラチナを研磨したときにつけた白金の黒が付着していた。彼は興奮してその酸っぱい酒を一気に飲み干した。そもそも、お酒を酢酸に変える魔力は、白金粉末がエタノール(アルコール)と空気中の酸素との化学反応を早め、酢酸を生成したことに由来しているのです。後に、「束縛を解く」という意味の「触媒作用」あるいは「触媒作用」と呼ばれるようになりました。
一八三六年には『物理学と化学年鑑』に論文を発表し、化学反応に用いられる「触媒」と「触媒」の概念を初めて提唱した。

触媒はスウェーデンの化学者ベツェリウスによって初めて発見された。100年以上前,「神杯」の話がある。

スウェーデンの化学者ベツェリウスが化学実験室で忙しく実験をしていたある日の夕方、妻のマリアが誕生日の祝いに酒肴を用意してくれた。実験に夢中になっていたペツェリウスはすっかり忘れていたが、マリアが実験室から彼を引っ張り出すと、ようやく気づいて急いで家に戻った。部屋に入ると、客たちが祝杯をあげたので、手も洗わずに桃酒を飲み干した。二杯目のグラスを自分で満たして乾杯したところで、「マリア、酢を私に飲ませるな!」と顔をしかめた。マリアも客も呆然とした。マリアはその瓶を覗き込み、グラスに注いで味わった。確かに美味しいピーチだった。ペツェリウスが勝手に注いだグラスを差し出すと、マリアはそれを一口飲んでほとんど吐き出し、「甘酒が急に酢酸に変わるなんて」と言った。客たちは、近寄って、この「神盃」のへんなことを観察していた。

ペツェリウスは、杯の中に少量の黒い粉が入っていたことに気づいた。自分の手を見ると、実験室でプラチナを研磨したときにつけた白金の黒が付着していた。彼は興奮してその酸っぱい酒を一気に飲み干した。そもそも、お酒を酢酸に変える魔力は、白金粉末がエタノール(アルコール)と空気中の酸素との化学反応を早め、酢酸を生成したことに由来しているのです。後に、「束縛を解く」という意味の「触媒作用」あるいは「触媒作用」と呼ばれるようになりました。

一八三六年には『物理学と化学年鑑』に論文を発表し、化学反応に用いられる「触媒」と「触媒」の概念を初めて提唱した。


  • お名前
  • 電話
  • Eメール*
  • メッセージを入力してください
送信