上海罕诚新材料有限公司

  HAN  CHENG  CO.LTD.

han@casno.jp

メール
ニュースの詳細/ NEWS
中国観点:22年ガス需要供給のバランス
ソース:HAN CHENG CO.,LTD. | 著者:HAN CHENG CO.,LTD | リリース時間 :2022-01-13 | 61 查看次数: | 分享到:
2022年には、COVID—19の常態化が抑制され、世界経済が持続的に回復し、CO2排出削減が持続的に推進されることにより、世界の天然ガス需要の前年同期比の伸び率は過去10年間の平均水準(約2%)に回帰し、中国の「第13次五カ年規画」期間の1.4%より早い。需要の伸びは主に中国、米国、中東地域の国々からのものだ。供給サイドでは、生産はさらに回復する見込みで、高価格は天然ガスの生産に有利で、生産量の増加は主にロシア、米国、中央アジアと中東の一部の国から来ている。市場予測では、2022年の石油ガス上川の生産は、米国の伴ガス生産量の減少は、世界の生産量の増加に歯止めをかけ、世界の天然ガス需給は依然として引き締まる可能性がある。

北アメリカ需要が堅調に推移し,供給能力が向上したことで,需給がタイトからバランスに転じた。北アメリカ経済の持続的な回復に伴い、天然ガスの需要は引き続き増加傾向を維持するが、区内の需要はすでにプラットフォーム期に入っており、新エネルギーの発展は天然ガス発電の部分的な代替を形成し、需要の増加幅を制限する。一方で、欧州やアジアのガス価格の高止まりや旺盛な需要などの要因に刺激され、米国のLNG輸出企業は積極的に増加し、生産量を引き上げる働力がある。一方、国際原油価格の下方修正は米国の石油·ガス生産を悪化させ、生産増加幅を制限すると予想される。北アメリカのガス需給は均衡する見通し。

ヨーロッパの天然ガス需給は、供給側の影響要因が増加する中でタイトな状態が続く。ヨーロッパの電源構成は、再生可能(水)発電が約39%、石炭14%、天然ガス18%を占める。2022年、ヨーロッパでは45ギガワットの再生可能エネルギー発電設備を新たに導入する計画で、前年同期比で6.4%増加するが、再生可能エネルギーは依然として不足する見込みだ。冬以降、ヨーロッパガス在庫はさらに低下し、過去5年間の最低値を下回り、2022年には需要が高まると予測されている。供給側の2つの要因は、ヨーロッパは、世界的なガス価格に影響を与える重要な要因になるだろう。一つは「北渓-2」天然ガスパイプラインの生産開始時期が再度延期されたこと。第二に、アルジェリアのヨーロッパ向けパイプラインが停止し、ヨーロッパのパイプラインガス供給量が減少する。2022年ヨーロッパの需給は依然としてタイトで、高い炭素価格と高い石炭価格が重なり、欧州のガス価格が高い水準を維持するのを支えていると予想される。アジア市場では、暖房シーズン終了后、北東アジアのLNGスポット需要は明らかに減少するが、欧州ガス価格に支えられ、アジア価格は依然として高い水准を維持する。 HAN CHENG CO.,LTD. 情報提供者

022年中国観点:ガス需要供給のバランス

2022年には、COVID—19の常態化が抑制され、世界経済が持続的に回復し、CO2排出削減が持続的に推進されることにより、世界の天然ガス需要の前年同期比の伸び率は過去10年間の平均水準(約2%)に回帰し、中国の「第13次五カ年規画」期間の1.4%より早い。需要の伸びは主に中国、米国、中東地域の国々からのものだ。供給サイドでは、生産はさらに回復する見込みで、高価格は天然ガスの生産に有利で、生産量の増加は主にロシア、米国、中央アジアと中東の一部の国から来ている。市場予測では、2022年の石油ガス上川の生産は、米国の伴ガス生産量の減少は、世界の生産量の増加に歯止めをかけ、世界の天然ガス需給は依然として引き締まる可能性がある。


北アメリカ需要が堅調に推移し,供給能力が向上したことで,需給がタイトからバランスに転じた。北アメリカ経済の持続的な回復に伴い、天然ガスの需要は引き続き増加傾向を維持するが、区内の需要はすでにプラットフォーム期に入っており、新エネルギーの発展は天然ガス発電の部分的な代替を形成し、需要の増加幅を制限する。一方で、欧州やアジアのガス価格の高止まりや旺盛な需要などの要因に刺激され、米国のLNG輸出企業は積極的に増加し、生産量を引き上げる働力がある。一方、国際原油価格の下方修正は米国の石油·ガス生産を悪化させ、生産増加幅を制限すると予想される。北アメリカのガス需給は均衡する見通し。


ヨーロッパの天然ガス需給は、供給側の影響要因が増加する中でタイトな状態が続く。ヨーロッパの電源構成は、再生可能(水)発電が約39%、石炭14%、天然ガス18%を占める。2022年、ヨーロッパでは45ギガワットの再生可能エネルギー発電設備を新たに導入する計画で、前年同期比で6.4%増加するが、再生可能エネルギーは依然として不足する見込みだ。冬以降、ヨーロッパガス在庫はさらに低下し、過去5年間の最低値を下回り、2022年には需要が高まると予測されている。供給側の2つの要因は、ヨーロッパは、世界的なガス価格に影響を与える重要な要因になるだろう。一つは「北渓-2」天然ガスパイプラインの生産開始時期が再度延期されたこと。第二に、アルジェリアのヨーロッパ向けパイプラインが停止し、ヨーロッパのパイプラインガス供給量が減少する。2022年ヨーロッパの需給は依然としてタイトで、高い炭素価格と高い石炭価格が重なり、欧州のガス価格が高い水準を維持するのを支えていると予想される。アジア市場では、暖房シーズン終了后、北東アジアのLNGスポット需要は明らかに減少するが、欧州ガス価格に支えられ、アジア価格は依然として高い水准を維持する。 HAN CHENG CO.,LTD. 情報提供者


  • お名前
  • 電話
  • Eメール*
  • メッセージを入力してください
送信