上海罕诚新材料有限公司

  HAN  CHENG  CO.LTD.

han@casno.jp

メール
ニュースの詳細/ NEWS
触媒の開発未来概念
ソース:HAN CHENG CO.,LTD. | 著者:HAN CHENG CO.,LTD | リリース時間 :2022-05-20 | 12 查看次数: | 分享到:
百年来、エネルギーと化学品の技術変革は経済社会の発展を推進した。自然資源、環境及び気候変動の製約に伴い、グリーン、低炭素、循環はすでに経済社会の発展の必然的な傾向となり、触媒は引き続きこの過程における重要な核心技術である。この観点の文章は高効率熱触媒、電気触媒の新しい技術を持続的に発展させ、転覆性の光触媒の新しい過程を設計する必要があると指摘した。反応物官能基を最大化保持する機能触媒過程を創製する。エネルギー分子、オレフィン、芳香族炭化水素の触媒経路とシステムを合理的に設計し、原料駆動から生態駆動までの11項目の変革的触媒経路の突破を推進する。

触媒経路の設計

百年来、エネルギーと化学品の技術変革は経済社会の発展を推進した。自然資源、環境及び気候変動の製約に伴い、グリーン、低炭素、循環はすでに経済社会の発展の必然的な傾向となり、触媒は引き続きこの過程における重要な核心技術である。この観点の文章は高効率熱触媒、電気触媒の新しい技術を持続的に発展させ、転覆性の光触媒の新しい過程を設計する必要があると指摘した。反応物官能基を最大化保持する機能触媒過程を創製する。エネルギー分子、オレフィン、芳香族炭化水素の触媒経路とシステムを合理的に設計し、原料駆動から生態駆動までの11項目の変革的触媒経路の突破を推進する。

触媒を様々な角度から研究する:

多くの触媒は、ある1つまたはいくつかの麺だけで優位性があり、産業界で触媒のどのような性能に最も注目していますか?どのような材料が最も商業化の潜在力を持っていますか?

すべての触媒新材料の商業化応用はミクロからマクロスケールまでの多くの科学と技術問題を解決しなければならず、物質とエネルギー転化、伝達などの複雑な過程及び触媒調製工事システムに関連している。産業界は一般的に触媒の安定性、時空効率などの触媒性能、および工業触媒の強度、摩耗、粒子度などに注目している。工業触媒材料は触媒効率が高く、選択性がよく、グリーン、低炭素、循環再生などの特徴に合緻しなければならない。

触媒の概念は19世紀に現れ、一二百年の発展を経て、科学者の触媒に対する認識は巨大な変化が発生し、特にナノ技術の発展と特徴技術の進歩は、この発展過程で重要な役割を菓たした。では、現在の触媒研究と前の触媒研究にはどのような違いがあり、将来の触媒の発展にはどのような傾向があるのでしょうか。

触媒科学と技術の発展史は、触媒が資源、環境などの問題に重要な解決策を提供できることを示している。百年来、エネルギーと化学品に対する触媒発展は主に石油、石炭などの化石原料の転化によって駆動され、原料駆動の触媒と呼ぶことができる。将来的には、化石原料の高効率な触媒転化に加え、太陽光、水、二酸化炭素で経済社会の需要を満たすエネルギーと物質を生産し、生態駆動の触媒と呼ぶことができる。

分子識別技術と特徴付け技術の絶えずの進歩、原油とその留分の認識は分子レベルに達しているが、なぜ分子識別がこんなに重要なのか。これは触媒反応と工業生産にどのようなメリットをもたらしましたか?

エネルギー加工は分子レベルの認識に達する必要があり、加工技術は分子レベルの認識に基づくべきであり、原油分子レベルの特徴付け技術と方法は急速な発展段階にあるが、原油加工技術はまだ本当の分子レベルに達しておらず、重油の高効率転化、クリーン油品の生産、化学工業型精製などの過程で原料分子の触媒転化効率をさらに向上させ、伝統的な石油精製プロセスの変革、油転化の新しい過程は基礎を提供することを突破した。

近年、電気触媒分野の発展速度は非常に速いが、電流密度が低く、生産速度が遅く、生成物を精製する必要があるなどの問題に悩まされている。電気触媒の未来に何を期待していますか?あとどのくらいで工業的に応用できますか?電気触媒は伝統的な触媒過程に取って代わることができますか?それとも補充技術としてですか?

将来、エネルギーと化学品は高効率熱触媒、電気触媒過程を重点的に研究し、最終的に光触媒を実現し、化石エネルギーから再生可能エネルギーへの進化を推進し、未来のエネルギーと化学品工場のために科学と技術基礎を築く必要がある。水、二酸化炭素などは熱力学的に極めて安定した分子であり、波動性の再生可能電力を利用してエネルギー化学物質に転化することは再生可能エネルギーの転化利用の重要な方向であり、電気触媒はこの過程を実現する核心技術である。近年、再生可能電力のコストは著しく低下し、電気触媒の技術経済性と競争力を強化している。電気触媒は大規模な水素製造、一酸化炭素、アンモニアなどの分野で突破を得ることを期待しており、その鍵は高選択性、大電流密度の電気触媒材料、およびそれと整合し、安定した電池反応システムを開発し、それによって電気触媒効率と安定性を大幅に向上させることである。

「精確な触媒」の内包は何ですか?なぜ「精密触媒」を研究するのか、これは未来の触媒技術の発展にどのような進歩をもたらすのか。

触媒の核心問題はもともと「選択性」にあり、「正確な触媒」の概念源であり、その基本的な内容は化学結合の方向性活性化転化を通じて、目標産物の原子経済性の正確な合成を実現することである。主に3つのレベルの精確さ、すなわち活性ビットの精確な設計と合成(例えば単原子触媒)、反応経路の精確な調整(例えば、シート状モレキュラーシーブの分子拡散に対する調整)、反応工程の設計可能な調整(例えば、変径流動床反応器の反応物質移動過程に対する調整)、すなわち触媒作用の本質認識に基づいて、精確な調整方法を通じて、触媒効率と触媒選択性の向上を実現する。「精確な触媒」は、触媒経路の理性的な設計を推進し、反応物官能基を最大化し、プラットフォーム化合物を再構築し、化学結合の変化が最も少なく、反応経路が最も短く、エネルギー消費と炭素排出が最も低い触媒の新しい過程を創造し、エネルギーと化学品の触媒変革性技術の突破を推進しなければならない。


  • お名前
  • 電話
  • Eメール*
  • メッセージを入力してください
送信